Go to Contents Go to Navigation

南北通信連絡線の復旧2日目 連絡事務所間で定時通話

北朝鮮 2021.07.28 11:03

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮間の通信連絡回線が約13カ月ぶりに復旧した翌日の28日、南北は午前9時ごろに南北共同連絡事務所間で定時通話を行った。韓国統一部が伝えた。

27日、南北共同連絡事務所のソウル事務所で北朝鮮側と通話する統一部の連絡代表(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 北朝鮮が昨年6月、脱北者団体による北朝鮮体制批判のビラ散布に反発して南北間のあらゆる通信連絡線を遮断する前まで、南北は連絡事務所間で午前9時と午後5時に通話を行っていた。南北の合意により前日の27日に連絡線が復旧し、双方はこうした定時通話を続けることを申し合わせた。 

 韓国側は現在、統一部内にある南北共同連絡事務所のソウル事務所で通話を行っている。北朝鮮は昨年6月に開城の南北共同連絡事務所の建物を爆破して以降、どこで通話を行っているのか明らかにしていない。

 一方、西海(黄海)地区の軍通信線でもこの日午前9時に南北が通話を行った。国防部によると、東海地区の軍通信線は技術的な問題があり、引き続き通話を試みているという。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。