Go to Contents Go to Navigation

韓国滞在の外国人198万人 5年半ぶり低水準=コロナ影響

社会・文化 2021.07.28 13:51

【ソウル聯合ニュース】韓国法務部の出入国・外国人政策本部が28日に発表した統計によると、6月時点で国内に滞在する外国人は前月比0.3%減の198万1035人だった。新型コロナウイルスの世界的流行の影響で19カ月連続して減少し、2015年12月(約189万人)以来、5年半ぶりの低水準となった。

仁川空港から入国する防護服姿の外国人(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国に滞在する外国人の数は19年12月に過去最高(約252万人)を記録したが、新型コロナの感染が広がり始めた20年1月に10万人近く急減。その後も減少が続いている。

 6月時点の滞在者のうち、観光や知人訪問などを目的に90日未満の短期滞在の予定で査証(ビザ)なしで入国した人が41万3705人だった。1年前に比べ9.1%減少した。長期滞在の外国人も6.7%減の156万7330人にとどまった。また、長期滞在のうち外国人登録証の発給を受けた人は約109万人と、10.1%減少した。

 法務部の関係者は、新型コロナの世界的流行で国境を封鎖する国が相次いだことや旅行を控える雰囲気が強まったこと、さらには海外からのウイルス流入を防ぐためのノービザ入国停止、パスポート発行審査強化などの影響で、外国人入国者が大幅に減少したと説明している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。