Go to Contents Go to Navigation

東京五輪 フェンシング男子サーブル団体で韓国が2連覇

記事一覧 2021.07.28 20:40

【千葉聯合ニュース】東京五輪のフェンシング男子サーブル団体は28日、千葉・幕張メッセで行われ、決勝で韓国がイタリアに45-26で勝利し、五輪2連覇を達成した。

フェンシング男子サーブル団体で2連覇を決めた韓国代表=28日、千葉(聯合ニュース)

 韓国代表は2012年ロンドン大会の同種目で金メダルを獲得。16年のリオデジャネイロ大会では同種目が開催されなかったため今大会にディフェンディング・チャンピオンとして出場した。

 韓国は24日の男子サーブル個人で金政煥(キム・ジョンファン)が銅メダル、27日の女子エペ団体で銀メダルを獲得しており、フェンシングで三つ目のメダルとなった。

 30代後半でチーム最年長の金政煥は個人と団体合わせて3大会連続、四つ目のメダル獲得となった。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。