Go to Contents Go to Navigation

現代自GとLG インドネシアにバッテリー工場設立へ

記事一覧 2021.07.29 11:16

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車グループと電池大手LGエナジーソリューションは29日、インドネシアに年産10ギガワット時(GWh)規模のバッテリー合弁工場を設立するため、インドネシア政府と投資協約を締結したと発表した。

28日に開かれた協約式の様子(現代自動車グループ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国を代表する完成車メーカーと電池メーカーが初めて海外合弁工場を設立することで、電気自動車(EV)市場での主導権確保を目指す。 

 これに先立ち、現代自動車グループとLGエナジーソリューションは合弁契約を結び、約11億ドル(約1200億円)を投資した。

 工場は2023年上半期の完成を目標とし、24年上半期にはバッテリーの量産に入る計画だ。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。