Go to Contents Go to Navigation

LG電子の営業益65.5%増 家電・テレビ好調=4~6月期

記事一覧 2021.07.29 16:58

【ソウル聯合ニュース】韓国のLG電子が29日発表した4~6月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比65.5%増の1兆1127億ウォン(約1065億円)、売上高は同48.4%増の17兆1139億ウォンだった。

LG電子の本社があるビル(資料写真)=(聯合ニュース)

 営業利益は4~6月期としては2009年以来12年ぶりの高水準となり、売上高も4~6月期として過去最高を記録した。

 新型コロナウイルスによるペントアップ効果(抑制されていた需要の回復)と巣ごもり需要に支えられ、生活家電を手掛けるホーム・アプライアンス&エア・ソリューション(H&A)部門とテレビ事業を担うホーム・エンターテインメント(HE)部門が好業績をけん引した。

 生活家電の今年上半期の売上高は、米家電大手ワールプールを約1兆6000億ウォン上回り、世界1位となった。この勢いが続けば年間1位も可能と分析される。

 テレビ事業も有機EL(OLED)、ナノセル(高精細液晶)テレビなどプレミアム製品が善戦し、4~6月期に売上高4兆426億ウォンを記録。16年以来5年ぶりに4兆ウォンを突破した。営業利益は3335億ウォンで、前年同期比2倍以上に増加した。

 自動車電装事業のビークル・コンポーネンツ(VC)事業本部は、売上高が1兆8847億ウォンと前年同期比2倍以上増加した一方、自動車用半導体の供給不足により1032億ウォンの営業損失を計上した。同社は10~12月には同部門の黒字転換を予想している。

世界初のローラブル(巻き取り式)テレビ「シグニチャーOLED R」(LG電子提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 在宅勤務と遠隔教育、ゲーム需要の増加などでIT製品が善戦し、インフォメーションディスプレーを販売するビジネスソリューション(BS)事業本部の売上高も1兆6854億ウォンと前年同期比約30%増加した。

 LG電子は7~9月期も生活家電、テレビなど主力産業の市場支配力を強化し、電装やB2B(企業間取引)事業など成長事業を育成して売り上げ拡大を推し進める方針だ。

 証券業界は、同社が7~9月期も四半期ベースで過去最高の業績を記録すると予想しており、年間売上高は70兆円超、営業利益も初めて4兆ウォンを超えるとの見通しを示した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。