Go to Contents Go to Navigation

WFPの対北朝鮮支援事業 国連が制裁免除期間を再延長

記事一覧 2021.07.30 13:48

【ソウル聯合ニュース】国連が新型コロナウイルス流行の長期化を踏まえ、国連世界食糧計画(WFP)の対北朝鮮支援事業に対する制裁免除期間をさらに1年延長することを決めた。

韓国・京畿道坡州市の烏頭山統一展望台から眺めた北朝鮮の景色(資料写真)=(聯合ニュース)

 国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会は23日、WFPに対北朝鮮事業の免除期間を来年7月23日まで1年延長するという内容の公文書を送った。米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が30日、伝えた。

 WFPは昨年1月に制裁委の承認を受け、北朝鮮の栄養失調改善と食糧問題解決のための支援活動を計画したが、新型コロナの感染拡大で北朝鮮国境が封鎖され実行が難しくなった。農業用品支援についても承認を得たが、北朝鮮に搬入することができなかった。このため、昨年7月に制裁免除期間延長の承認を受けたが、その後も状況が変わらなかったため、再延長が決まった。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。