Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の昨年成長率マイナス4.5% 03年の水準に後退=韓国中銀

記事一覧 2021.07.30 15:13

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が30日に発表した2020年の北朝鮮の経済成長率推定結果によると、北朝鮮の昨年の実質国内総生産(GDP)は前年比4.5%減少し、1997年(マイナス6.5%)以来の低水準となった。

韓国銀行が2020年の北朝鮮の経済成長率推定結果を発表した(韓国銀行提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国銀行の関係者は北朝鮮のマイナス成長の背景について「気象条件の悪化、厳しい対北経済制裁の継続、新型コロナウイルス対策としての国境封鎖などが影響した。北の実質GDPは2003年の水準だ」と説明した。

 昨年は北朝鮮の全産業が後退したが、中でも農林漁業(マイナス7.6%)、軽工業(マイナス7.5%)、サービス業(マイナス4.0%)などの減少幅が大きかった。

 昨年の北朝鮮の名目国民総所得(GNI)は35兆ウォン(約3兆3400億円)で、韓国の1.8%にすぎなかった。1人当たりのGNI(137万9000ウォン)も韓国の3.7%水準だった。

 昨年の北朝鮮の貿易規模(財貨の輸出と輸入の合計。南北間の搬出・搬入は除く)は8億6000万ドル(約920億円)で、前年比73.4%減少した。輸出(9000万ドル)は、時計(マイナス86.4%)などを中心に67.9%減少した。輸入(7億7000万ドル)も繊維製品(マイナス90.9%)を中心に大きく減った。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。