Go to Contents Go to Navigation

韓米軍事演習は「南北関係の将来曇らす」 金与正氏が談話

北朝鮮 2021.08.01 21:07

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党副部長は1日、朝鮮中央通信を通じて談話を発表し、「現在のような重要な時期に行われる軍事演習は北南(南北)関係の将来をさらに曇らす可能性がある」とした上で、8月に予定された韓米合同軍事演習に関する韓国側の決定を鋭意注視すると警告した。

金与正氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 金与正氏は「数日間、南朝鮮(韓国)軍と米軍の合同軍事演習が予定通り強行される可能性があるという、気分を害する知らせを聞き続けている」とし、「われわれは合同軍事演習の規模や形式について論じたことがない」と指摘した。その上で「わが政府と軍隊は南朝鮮側が8月に再び敵対的な戦争演習を繰り広げるのか、または大きな勇断を下すのかを鋭意注視する」と警告した。

 また、1年余り断絶していた南北間の通信連絡線が先月27日に復旧されたのを機に、南北首脳会談開催の可能性が取り沙汰されていることについて「今、南朝鮮内外では(通信連絡線復旧の)意味を拡大して解釈しており、北南首脳会談問題まで世論化しているが、早すぎる軽率な判断だと思う」と指摘した。

 通信連絡線の復旧は「断絶されていたものを物理的に再びつないだだけで、それ以上の意味を込めてはならない」とした。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。