Go to Contents Go to Navigation

申在煥が体操男子跳馬で金 韓国体操史上2個目=東京五輪

記事一覧 2021.08.02 20:30

【東京(特別取材団)聯合ニュース】東京五輪は2日、体操男子種目別跳馬の決勝が有明体操競技場で行われ、韓国の申在煥(シン・ジェファン)が14.783点をマークし、金メダルを獲得した。五輪体操で韓国勢が金メダルを獲得したのは史上2回目。

体操男子種目別跳馬で金を獲得した申在煥の演技=2日、東京(聯合ニュース)

 ROC(ロシア・オリンピック委員会)のデニス・アブリャジンも同得点だったが、演技難度を示すDスコアで申が上回った。

 申は五輪初出場。金メダルが確定すると太極旗(韓国国旗)を掲げて喜びを爆発させた。

 韓国勢が五輪の体操で金メダルを獲得したのは、2012年のロンドン大会の同種目で梁鶴善(ヤン・ハクソン)が獲得して以来、2度目。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。