Go to Contents Go to Navigation

韓国 体操男子跳馬で金・バド女子ダブルスで銅=東京五輪第11日

記事一覧 2021.08.02 21:13

【東京聯合ニュース】東京五輪第11日の2日、体操の男子種目別跳馬決勝で韓国の申在煥(シン・ジェファン)が14.783点をマークし、金メダルを獲得した。五輪体操で韓国勢が金メダルを獲得したのは史上2回目。国別メダルランキングで韓国は金6、銀4、銅9で9位。

金メダルを獲得し太極旗(韓国国旗)を掲げる申=2日、東京(聯合ニュース)

 申は五輪初出場。韓国勢が五輪の体操で金メダルを獲得したのは、2012年のロンドン大会の同種目で梁鶴善(ヤン・ハクソン)が獲得して以来、2度目。

 韓国勢同士の戦いとなったバドミントン女子ダブルス3位決定戦では、金昭映(キム・ソヨン)、孔熙容(コン・ヒヨン)組が李昭希(イ・ソヒ)、申昇チャン(シン・スンチャン)組を退け、銅メダルを獲得した。

 また、野球は韓国がイスラエルに11-1で七回コールド勝ちし準決勝進出を決めた。

3位決定戦を終え、記念撮影する(左から)申昇チャン、李昭希、孔熙容、金昭映=2日、東京(聯合ニュース)
野球の準々決勝で韓国はイスラエルにコールド勝ちした(資料写真)=(聯合ニュース)

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。