Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 韓国艦艇とのホットラインに応答=軍通信線復旧後初めて

記事一覧 2021.08.03 11:50

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の夫勝チャン(プ・スンチャン)報道官は3日の定例会見で、北朝鮮が同日午前、艦艇間のホットライン(国際商船共通網)に応答したと明らかにした。北朝鮮が国際商船共通網に応答するのは先月27日、南北の軍通信線が復旧してから初めて。

7月27日、黄海地区の軍通信線でテスト通話を行う韓国軍の関係者(国防部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 北朝鮮は東海と西海(黄海)の軍通信線に応じている。だが、国際商船共通網については、韓国が午前と午後の決まった時間に30分ほど呼び掛けても返答していなかった。

 軍通信線に加え、国際商船共通網も正常化したことで、南北の軍事当局間の回線は完全に復旧された。

 北朝鮮は黄海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)付近で違法操業する中国などの船舶の具体的な情報も毎日午前9時、韓国側に伝えている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。