Go to Contents Go to Navigation

韓国政府「インドネシアに戻る国民に限りワクチン接種」 不公平の指摘に

記事一覧 2021.08.03 13:42

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団は3日、国内に一時滞在しているインドネシア在住韓国人に対するワクチン優先接種を巡り、一部で公平性に欠けるとの指摘が出ていることについて、「インドネシアに戻る必要のある国民に限り、人道的な観点から接種を行っている」と説明した。

米ファイザー製ワクチン(イラスト)=(聯合ニュース)

 インドネシア政府は先月6日から、ワクチン接種が完了したことを示す証明書を提出できない外国人の入国を制限している。推進団は「インドネシア政府がこうした措置を発表する前に一時帰国していた国民は、韓国で接種を受けられなければ生活基盤のあるインドネシアに戻れない」と説明した。

 推進団によると、接種対象のインドネシア在住韓国人は米ファイザー製ワクチンの接種を受けており、先月下旬から今月2日までに113人が1回目の接種を終えた。

 韓国ではこれまでに、総人口の39%にあたる約2000万人が1回目の接種を受けた。先月下旬から55~59歳に対する1回目接種が始まっている。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。