Go to Contents Go to Navigation

南北通信復旧「正恩氏からの要請」 韓米演習中止なら相応措置も=韓国

記事一覧 2021.08.03 15:23

【ソウル聯合ニュース】韓国の情報機関・国家情報院(国情院)は3日、国会の情報委員会で北朝鮮との通信連絡線が復旧したことについて、「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)からの要請」と明らかにした。情報委幹事を務める与党「共に民主党」の金炳基(キム・ビョンギ)議員と最大野党「国民の力」の河泰慶(ハ・テギョン)議員が伝えた。

国会情報委員会に出席した国情院の朴智元(パク・チウォン)院長=3日、ソウル(聯合ニュース)

 国情院は南北が軍通信線で7月29日から毎日1回、中国漁船の違法操業情報を交換しており、今月3日からは艦艇間のホットライン(国際商船共通網)で正常に交信していると報告した。

 北朝鮮が通信連絡線の復旧に応じた背景については、「4月から南北首脳が2回親書を交換して南北の信頼回復と関係改善の意志を確認し、(2018年の南北首脳会談で署名した)板門店宣言の履行条件を探索するための目的もある」と分析。「5月の韓米首脳会談後、韓米当局の緊密な対北政策の調整結果を注視し、わが政府が今後、朝米(米朝)関係再開のため役割を果たすことを期待する側面もある」との見方を示した。

 また、北朝鮮は米朝会談の前提条件として鉱物の輸出許可、精製油と生活必需品の輸入許可を求めていると報告した。河氏によると、生活必需品には平壌の上流階級の配給用の高級ウイスキーやスーツなども含まれているという。

 南北首脳会談の可能性に関しては、「われわれは提案していない」と報告した。

 南北が板門店への共同連絡事務所設置を推進しているとの報道についても「そのような事実はない」と述べた。

 金正恩氏の妹、金与正(キム・ヨジョン)党副部長が今月1日、韓米合同軍事演習をけん制する談話を発表したことに関しては、「北が根本的な問題と規定する韓米演習(問題)を先決させるよう求める立場を再度強調したもの」と分析した。また、「韓米が合同演習を中止にする場合、南北関係で相応の措置を取る意向を示すとみられる」とし、「北は韓米の協議とわれわれの対応を注視しながら次の動きに出るとみられる」との見通しを示した。

 金正恩氏が最近、後頭部にパッチのようなものを貼り、健康不安説が流れたことに関しては、「パッチは数日後に剥がし、傷跡はなかった」と説明。「軽い足取りと深く頭を下げてあいさつする姿から、健康異常の兆候はないと判断している」と述べた。

 金与正氏については、「対韓・対外向け談話を随時発表するなど、外交・安全保障での総括的な地位を誇示している」と分析した。

 北朝鮮の経済動向に関しては、「穀物事情が悪化し、戦時の備蓄米を機関、企業所、勤労者にまで供給している」とし、「コメなど穀物価格を統制している」と伝えた。

 北朝鮮軍は7月1日~9月10日に実施される夏季訓練を開始したが、猛暑のため屋外訓練を最小限に抑え、猛暑による被害の復旧支援を行っているという。

 また、北朝鮮の産業稼働率は石炭輸出中止や原材料不足などで例年に比べ5ポイント下落した25%にすぎず、今年上半期の中朝貿易は6575万ドル(約72億円)となり、前年比で84%減少したと報告した。

 北朝鮮で新型コロナウイルスが発生した兆候はないという。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。