Go to Contents Go to Navigation

不適切発言の駐韓日本公使 次のポストは決まらず

記事一覧 2021.08.03 16:56

【東京聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の対日姿勢について不適切な発言をして物議を醸した在韓日本大使館の相馬弘尚総括公使について、日本外務省関係者は3日、聯合ニュースに対し、8月1日付で帰国するよう命じたが、現段階で次のポストは決まっていないと明らかにした。

相馬氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 帰国命令に関しては、茂木敏充外相が適材適所の観点から在任期間なども考慮して判断したと伝えた。

 在韓日本大使館の総括公使を務めて帰国すれば通常、外務省で局長級に昇進するが、外交関係者からは相馬氏の場合は当分の間、特定のポストに就かない可能性もあるとの見方が出ている。

 駐在国の首脳を事実上侮辱する発言をして物議を醸した人物を昇進させれば日本の外交に対する国際社会の評価に影響を与える可能性がある。

 日本外務省が相馬氏の次のポストについてどのような決定を下すかが両国関係に対する日本政府の姿勢を理解する一つの材料になる見通しだ。

 相馬氏は韓国のケーブルチャンネルJTBC関係者との非公式の懇談で、性的表現を使って文大統領と韓国の外交を批判した。菅義偉首相は「外交官として極めて不適切な発言であり遺憾だ」と表明した。

 相馬氏の発言は文大統領が東京五輪の開会式に出席し、菅首相と首脳会談を行うことを議論していた時期に報じられ、首脳会談が実現しなかった原因の一つになったとの指摘を受けた。

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。