Go to Contents Go to Navigation

大学生が就職したい企業 カカオが2年連続トップ=韓国

記事一覧 2021.08.04 15:01

【ソウル聯合ニュース】韓国の大学生が就職したい企業の1位に、インターネットサービス大手カカオが選ばれた。

大学生が就職したい企業にカカオが2年連続選ばれた(ジョブコリア提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 就職情報サイトのジョブコリアは4日、大学生1106人を対象に実施した調査結果を発表した。同社は毎年、下半期の就職シーズンを前に、大学生を対象に時価総額上位100社(持ち株会社を除く)のうち就職したい企業を調査し発表している。

 今回の調査(複数回答)で、カカオが15.3%で最も多く、昨年に続き2年連続でトップに選ばれた。

 2位はサムスン電子(9.0%)で、昨年の調査で4位だったが2ランク上昇した。3位は昨年2位だったネイバー(6.5%)。

 このほか、アモーレパシフィック(6.4%)、ネットマーブル(6.3%)、大韓航空(5.3%)、IBK企業銀行(4.0%)、NCソフト(4.0%)、LGイノテック(3.9%)、サムスン物産(3.9%)がトップ10に入った。

 ジョブコリアの関係者は、毎年インターネット企業が就職先として人気だとした上で「今年はIT開発人材の誘致競争などの影響でゲーム会社への就職を好む割合が相対的に高かった」と説明した。

 専攻別では、理工学系の学生はサムスン電子に就職したいとの回答が10.4%でトップ。次いでカカオ(8.8%)、ネットマーブル(6.6%)などの順だった。

 商業経済系、人文社会系、芸術・体育系はカカオに就職したいと回答した学生がそれぞれ16.9%、18.1%、20.0%を占め最も多かった。

 就職したい企業を選択した理由については「希望する仕事ができそうだから」が22.6%で最も多かった。このほか「福祉制度と勤務環境」(22.2%)、「勤続年数が長い」(20.8%)、「年俸が高い」(18.5%)などが挙がった。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。