Go to Contents Go to Navigation

韓国次期大統領選 前監査院長が出馬宣言

記事一覧 2021.08.04 15:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の保守系最大野党「国民の力」の崔在亨(チェ・ジェヒョン)前監査院長(64)は4日、次期大統領選(来年3月9日実施)への出馬をオンラインで宣言した。崔氏は6月28日に監査院長を辞任し、7月中旬、同党に入党した。

次期大統領選への出馬を表明する崔氏(国会写真記者団)=4日、ソウル(聯合ニュース)

 崔氏は元判事で、文在寅(ムン・ジェイン)政権で2018年に監査院長に起用された。だが、月城原子力発電所1号機(慶尚北道・慶州)の早期閉鎖を巡り、産業通商資源部などが影響力を行使し、同機の経済性が低く評価されたとの監査結果を発表。与党から批判を受けた。文大統領は脱原発を公約に掲げている。

 崔氏は「崩れていく韓国を見ているわけにはいかなかった」と強調。「監査院長として、たとえ重要な大統領の公約であっても適法な手続きに従って執行されるべきという原則を守った」とし、「一部の与党国会議員は月城1号機の早期閉鎖の妥当性を監査する私に大統領の国政哲学と合わないなら辞任するよう求めた」と非難した。その上で、「大統領の一言で根幹政策が適法な手続きなく執行され、政治的な目的のための票を買うような政策で血税が浪費された」と批判した。

 崔氏は公約として、公教育の正常化や脱原発政策の見直し、北朝鮮の改革・開放を通じた北朝鮮住民の人権改善などを掲げた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。