Go to Contents Go to Navigation

22年の最低賃金5.1%増で確定 来年1月1日から=韓国

政治 2021.08.05 09:15

【ソウル聯合ニュース】韓国の2022年度(1~12月)の最低賃金が前年度比5.1%増の時給9160ウォン(約877円)に確定した。来年1月1日付適用。月額換算では191万4400ウォンとなる。雇用労働部が5日の官報に掲載した。

2022年度の最低賃金が時給9160ウォンに確定した=(聯合ニュース)

 官報には、業種にかかわりなく、すべての事業場に適用することも明記された。

 最低賃金委員会は先月12日にこうした最低賃金案を決定した。告示までに労使の双方は異議を申し立てることができる。経営者側の団体が異議を申し立てたが、雇用労働部が認めず、最低賃金委員会への再審議要請はなかった。

 経営者側団体は「5.1%の引き上げは、すでに限界に達している中小・零細企業と小規模事業者には厳しい水準だ」と反発している。

 現行の最低賃金制度が導入された1988年以降、再審議は一度も行われていない。

最低賃金と引き上げ率の推移=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。