Go to Contents Go to Navigation

韓米国防当局 サイバー脅威対応・情報共有システム構築へ

記事一覧 2021.08.05 09:37

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部と米国防総省は4日、第1回「ICT(情報通信技術)協力委員会」を開き、サイバー脅威への対応や情報共有システムの構築に向け協力を強化することで一致した。韓国国防部が5日明らかにした。

米国との署名後、記念撮影する韓国国防部の韓鉉洙(ハン・ヒョンス)企画調整室長(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 協力委員会では国際的なサイバー脅威に共同で対応する方策を議論するとともに、常時戦闘態勢が可能になるようさまざまな指揮統制・情報共有システムの構築に協力することで一致した。連合防衛態勢維持のための兵器システムなどさまざまな分野での協力も強化することにした。

 韓国国防部は「協力委員会では両国の国防ICT政策協議を総括・調整するという共通認識を約定書に明記した」とし、「毎年開催し、ICT発展策を議論する」と表明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。