Go to Contents Go to Navigation

イラン外務次官 韓国に凍結資金の早期解決求める

記事一覧 2021.08.05 11:47

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官は4日、イランの首都テヘランでアラグチ外務次官と会談し、米国の対イラン制裁により韓国の銀行にイランの原油代金70億ドル(約7600億円)が凍結されている問題などについて議論した。同部が5日明らかにした。

会談を行った崔氏(左)とアラグチ氏(外交部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 崔氏はイランのライシ大統領の就任式に出席するため同国を訪問した。

 アラグチ氏との会談で崔氏は、韓国は凍結資金問題の解決に努力してきたことを説明し、ライシ政権でも両国の関係強化に取り組む姿勢を示した。また、来年の国交樹立60年を迎えた交流拡大に期待を示し、次期外相の韓国訪問を要請した。

 アラグチ氏はイランの新政権との友好的な関係構築に向けた韓国の取り組みを評価し、凍結資金問題の早期解決を改めて強調した。

 両氏はイラン核合意(JCPOA)再建交渉の動向について意見交換し、両国関係の飛躍的な発展のためにも同合意の再建が必要との認識で一致。崔氏は同合意再建を側面から支援する考えを示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。