Go to Contents Go to Navigation

10月末~11月初めに国民の7割がワクチン2回完了 韓国政府

記事一覧 2021.08.05 15:08

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央事故収拾本部の孫映レ(ソン・ヨンレ)社会戦略班長は5日、国内での新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、10月末から11月初めには全国民の70%が2回の接種を完了するとの見通しを記者団に示した。

ワクチン接種会場の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 政府は9月末までに3600万人(国民の70%)に対する1回目接種を終え、11月までに2回目接種を完了して集団免疫を達成する目標を立てている。国内では5日午前0時時点で人口の39.6%がワクチンの1回目接種を終えた。

 ただ、集団免疫を達成してもマスク着用など基本的な感染対策ルールは維持する必要があると政府はみている。

 孫氏は「集団免疫は免疫力の形成によって新型コロナ感染の広がりが相当に鈍り、致死率が下がる状況を想定したものだ」と説明。「(11月に)マスク着用などの基本的なルールを守らなくてもよい状況になるのは難しいと判断しているが、社会的な対応策はかなり日常に近いものに変わると予想している」と述べた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。