Go to Contents Go to Navigation

9月の韓国対レバノン戦 開催場所変更=W杯アジア最終予選

記事一覧 2021.08.05 15:26

【ソウル聯合ニュース】サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選で、9月7日にレバノンで開かれる予定だったA組の韓国とレバノンの初戦が韓国開催に変更された。来年1月27日に韓国で行われる予定だったレバノン戦は同国で開かれる。韓国の大韓サッカー協会が5日明らかにした。

6月13日、韓国で開かれたW杯カタール大会アジア2次予選の韓国対レバノン戦=(聯合ニュース)

 これで韓国は9月2日のイラク戦、7日のレバノン戦、10月7日のシリア戦を国内で実施する。 

 大韓サッカー協会側は「1月の試合は寒さのためけがのリスクが高く、競技力にも問題があるため監督と協議して(開催場所の)変更を推進してきた」と説明した。

 大韓サッカー協会がレバノンのサッカー協会に変更を要請。レバノン側が同意し、アジアサッカー連盟(AFC)の承認を得た。

 A組は韓国とイラン、アラブ首長国連邦(UAE)、イラク、シリア、レバノンの6チーム。上位2位までがW杯出場権を獲得。3位はプレーオフに回る。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。