Go to Contents Go to Navigation

オマーン沖タンカー攻撃事件 「強く糾弾」=韓国外交部

記事一覧 2021.08.06 10:48

【ソウル聯合ニュース】中東オマーン沖を航行していた石油タンカーが襲撃された事件について、韓国外交部は6日、「明白な国際法違反であり、全ての船舶は公海を自由に航海できなければならない」として、「強く糾弾する」と非難する報道官論評を出した。

攻撃を受けたタンカー(資料写真)=(AFP=聯合ニュース)

 また、「中東地域の平和と安定に反するあらゆる行動に反対し、事件で死亡した船員と遺族に深い哀悼の意を表す」とした。

 事件は先月29日に起きた。イスラエル系企業が運航するタンカーがドローンによるものとみられる攻撃を受け、英国とルーマニア人の乗組員2人が死亡した。

 イスラエルと米国、英国はイランの関与を主張している。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。