Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領選 在外国民が郵便投票求め署名運動

記事一覧 2021.08.06 12:45

【ソウル聯合ニュース】来年3月9日の韓国大統領選に向け、世界の約20カ国の在外国民でつくる団体「在外国民有権者連帯」が国会に対し郵便による在外投票を認めるよう求める署名運動を展開している。

昨年4月1日、東京・港区の韓国中央会館に設置された投票所で総選挙の在外投票を行う有権者(資料写真)=(聯合ニュース)

 在外国民の投票を巡っては、与野党の国会議員5人が在外選挙の郵便投票を認める内容を盛り込んだ公職選挙法の改正案をそれぞれ提出している。

 同団体は改正案が国会で可決されるよう、3月に続き2回目の署名運動を始めた。

 昨年4月に実施された韓国総選挙では新型コロナウイルスの影響で海外の一部地域の在外選挙が中止になった。同団体や議員らは在外国民の投票権を保護し、投票率を高められるとして郵便投票の導入を主張している。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。