Go to Contents Go to Navigation

徴用訴訟却下 判事弾劾求める請願に「答弁する権限ない」=韓国大統領府

記事一覧 2021.08.06 17:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)は6日、日本による植民地時代の強制徴用被害者と遺族が日本企業に損害賠償を求めた訴訟で、原告の訴えを却下した判事の弾劾を要求する請願について、「法官(裁判官)の弾劾は国会の弾劾訴追案の議決と憲法裁判所の審判を経なければならない」として、「青瓦台は答弁する権限がない」との立場を明らかにした。

韓国の青瓦台(資料写真)=(聯合ニュース)

 その上で、「今後も被害者の意思を尊重しながら人類普遍の価値と国際法の原則を守っていくための努力を続ける」とした。

 青瓦台のホームページに6月8日に投稿された同請願には35万3165人が同意した。青瓦台は20万人以上の同意を得た請願には公式に回答している。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。