Go to Contents Go to Navigation

韓国首相 コロナ感染拡大受け夏休みは公邸で

記事一覧 2021.08.08 09:00

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスの新規感染者数が高止まりする中、国務総理室は8日、金富謙(キム・ブギョム)首相が9~11日に取る夏休みを公邸で過ごすと明らかにした。

韓国の金富謙首相(資料写真)=(聯合ニュース)

 新型コロナウイルスの感染状況など、夏休み中も緊急懸案については報告を受けるという。

 金首相は3日の中央防疫対策本部の会議で、夏休みシーズンのコロナ感染拡大が懸念されるとして、「今回の夏休みだけは『休息する時間』を過ごすようお願いしたい」とし、私的な集まりを避けるよう要請した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。