Go to Contents Go to Navigation

海外旅行警報「地域ごとの判定必要」 韓国旅行業協会が政府に要請

記事一覧 2021.08.06 17:53

【ソウル聯合ニュース】韓国旅行業協会は6日、旅行警報の制度改善を外交部に要請したと発表した。

韓国旅行業協会が旅行警報の制度改善を外交部に要請した(同協会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 外交部は新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることから、昨年3月に全ての国・地域に対する特別旅行注意報を発令し、現在まで維持している。同協会はこれについて、一律にせず、国や地域ごとに現地当局の資料などを反映して危険度を示すよう要請したという。

 特別旅行注意報は短期的に緊急の危険が高まった場合に発令される。旅行留意、旅行自粛、撤収勧告、旅行禁止と4段階ある旅行警報のうち、旅行自粛以上、撤収勧告以下に準ずる。

 同協会は「ほかの主要国はワクチン接種率や防疫状況などを反映し、地域ごとにレベルの違う旅行警報を発令している」とし、「わが国も無条件に全ての国・地域について一律で適用せずに、リスクを評価してから合理的かつ納得できる基準を適用しなければならない」と主張した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。