Go to Contents Go to Navigation

韓国のチョ国元法相の妻 二審も懲役4年=娘の不正入学事件

記事一覧 2021.08.11 12:07

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル高裁は11日、チョ国(チョ・グク)元法務部長官の妻で、娘の大学院不正入学を巡る業務妨害や私文書偽造など計15の罪に問われたチョン・ギョンシム東洋大教授に対し、一審と同じ懲役4年を言い渡した。ただ、一審では罰金5億ウォン(約4800万円)、追徴金1億4000万ウォンを命じたが、同高裁は罰金5000万ウォン、追徴金1000万ウォンとした。

チョン・ギョンシム被告(資料写真)=(聯合ニュース)

 同高裁はチョン被告の娘の不正入学を巡る罪をすべて認定し、「教育機関の入学業務を妨害し、入試制度の公正性に対する社会の信頼を深刻に傷つけた」と指摘した。

 チョン被告は東洋大総長の表彰状やインターン活動確認書などの書類を偽造するなどして2013~14年に娘の医学専門大学院の入試で提出し、入学選考業務を妨害した罪で起訴された。

 チョ国氏が青瓦台(大統領府)の民情首席秘書官に就任すると、直接投資を禁じた公職者の倫理規定を回避するため私募ファンド運営会社を介して他人名義で投資を行い、未公開情報を利用して不当な利益を得た罪にも問われた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。