Go to Contents Go to Navigation

「ベビーシャーク」権利主張の米作曲家 一審敗訴で控訴=韓国

記事一覧 2021.08.11 18:24

【ソウル聯合ニュース】世界的なヒット曲「Baby Shark(サメのかぞく)」は自身の曲であるとして、米国の作曲家ジョニー・オンリー氏が同曲の制作会社である韓国のスタートアップ企業「スマートスタディー」に損害賠償を求めた訴訟を巡り、同氏が原告敗訴とするソウル中央地裁の一審判決を不服とし、控訴したことが11日、分かった。法曹関係者が明らかにした。

「Baby Shark」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 「Baby Shark」はスマートスタディーが2015年に発表した。振り付きの動画「Baby Shark Dance」は動画投稿サイト「ユーチューブ」で再生回数90億回を超え、ユーチューブ全体の動画で1位を記録するなど、世界的に大きな人気を集めている。

 ジョニー・オンリー氏は自身が2011年に発表した童謡「Baby Shark」は伝承童謡をアレンジした著作物であると主張。スマートスタディーがこれを盗作したとして2019年3月、韓国の裁判所に訴訟を起こした。ソウル中央地裁は先月23日、原告敗訴の判決を言い渡した。

 スマートスタディーは北米圏の伝承童謡を編曲した曲であり、ジョニー・オンリー氏の著作物とは関係ないと主張している。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。