Go to Contents Go to Navigation

サムスントップ 仮釈放後は保護観察に

記事一覧 2021.08.11 19:36

【ソウル聯合ニュース】韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)氏らへの贈賄罪などで服役し、13日に仮釈放されるサムスングループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が保護観察の対象になる。11日に非公開で開かれた保護観察審査委員会の会議で決まった。

李在鎔氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 関連法によると、仮釈放された受刑者は原則として保護観察の対象となる。重症患者や高齢者、国外追放予定の外国人などについては例外的に対象から外される。

 李氏は仮釈放された後、転居や1カ月以上にわたる旅行をする際は事前に保護観察官に届け出る必要がある。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。