Go to Contents Go to Navigation

英最新鋭空母群所属の原子力潜水艦 韓国・釜山に入港

記事一覧 2021.08.12 12:11

【ソウル聯合ニュース】今月末に韓国南部・釜山に寄港予定の英最新鋭空母「クイーン・エリザベス」(6万4000トン級)を中心とする空母打撃群(船団、CSG)所属の原子力潜水艦「アートフル」が11日、釜山に入港した。韓国海軍が12日、伝えた。

釜山に入港した英原子力潜水艦「アートフル」=12日、釜山(聯合ニュース)

 アートフルはここで軍需品を積み込み、装備を点検する計画だ。

 空母打撃群に所属する潜水艦は、航海中に空母を護衛したり、事前点検をしたりするためにあらかじめ運航される。

 新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、アートフルの乗組員にはPCR検査が行われている。

 先ごろグアムに到着したクイーン・エリザベスは、国防協力推進などのため、今月末に釜山の海軍基地に寄港するとみられる。

 国防部の夫勝チャン(プ・スンチャン)報道官は12日の定例会見で、「現在1隻が軍需積載と乗組員の休息のために(海軍の)釜山作戦基地に入港している」とし、「入港期間中に防疫当局と緊密に協力し、新型コロナ防疫対策を行う予定だ」と述べた。

 また、韓国海軍との活動は計画されていないとして、空母打撃群の入港に関する詳細は韓英両国が協議中だと説明した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。