Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮談話は対立誘導戦術 好意見せる必要ない=韓国国立外交院長

記事一覧 2021.08.12 15:30

【ソウル聯合ニュース】韓国国立外交院の洪鉉翼(ホン・ヒョンイク)院長は12日、ラジオ番組で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党副部長が韓米合同軍事演習を非難する談話を発表したことについて、「非常に巧妙な『南南葛藤(韓国内部の対立)』を誘導する戦術」との認識を示した。

南北軍事境界線近くにある統一大橋にバリケードが設置されている=11日、坡州(聯合ニュース)

南北軍事境界線近くにある統一大橋にバリケードが設置されている=11日、坡州(聯合ニュース)

 洪氏は「(北朝鮮は)まるで南北当局間で(演習中止の)合意があったかのように振る舞っているが、彼らは駄目でもともと(で揺さぶりをかけている)」と指摘。金与正氏が談話で「南朝鮮当局者の背信的な行為に強い遺憾の意を表す」とし、政府が北朝鮮と韓米演習の中止を約束したとの疑惑を野党などが提起している現在の状況は北朝鮮が意図した通りとの見方を示した。

 また、「韓米関係がいかに良好でも国益は一致しない」とし、「(北朝鮮は)そのすきにつけ入り、韓米の離間を図り、(韓国の)国内では与野党の意見対立(をあおっている)」と述べた。

 その上で、「今は与野党が力を合わせ、北に断固として対応しなければならない」と主張した。

 今後の対応に関しては、「もう(北朝鮮に)好意を見せる必要はない」とし、北朝鮮が挑発行為を行う場合は韓米も演習期間中、対北朝鮮先制攻撃や北朝鮮指導部を除去するいわゆる「斬首作戦」などの訓練を行うことを提案した。

 また、「北が軍事挑発まで予定しているのはむしろ北の焦り」とし、「緊張を高める瀬戸際戦術」と分析した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。