Go to Contents Go to Navigation

韓米演習 16日から実施=機動訓練はせず

記事一覧 2021.08.15 17:14

【ソウル聯合ニュース】韓国軍の合同参謀本部は15日、今年下半期の韓米合同軍事演習について、「新型コロナウイルスの状況、連合防衛態勢維持、朝鮮半島非核化と平和定着に向けた外交努力支援などを総合的に考慮し、演習を16日から9日間実施する」と明らかにした。

韓米合同軍事演習が16日から実施される=(聯合ニュースTV)

 また、「演習は定例的に実施してきた防御的な性格のコンピューターシミュレーション中心の指揮所訓練で、機動訓練はない」と説明。「コロナ状況を考慮し、厳しい防疫指針を適用して訓練場所を分散し、不可欠な人員だけが参加して実施される」と伝えた。

 米軍主導の韓米連合軍が持つ有事作戦統制権の韓国軍への移管に関しては、「両国が合意した条件に基づいた有事作戦統制権移管の進展を維持するため、訓練の一部は完全運用能力(FOC)の環境下で行われる」と明らかにした。FOCは有事作戦統制権を行使することになる韓国軍主導の「未来連合軍司令部」の完全運用能力の検証を意味する。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。