Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 在アフガン大使館を暫定閉鎖=職員は国外退避

記事一覧 2021.08.16 09:59

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は15日、アフガニスタン情勢の緊迫化を受けて現地の大使館を暫定閉鎖することを決定し、職員の大部分を中東の第三国に退避させたと発表した。

反政府武装勢力タリバンの戦闘員=(AFP=聯合ニュース)

 また現地に滞在中の在外国民1人の安全な退避を支援するため、大使を含む一部の職員が安全な場所で外交部と連絡を取り合っているという。

 政府は全員が安全に退避できるよう、米国を含む友好国と緊密に連携していると説明した。

 アフガニスタンに滞在していた韓国国民の多くは、政府が6月に退避を要請した後、現地から撤収した。

 政府の今回の措置は、反政府武装勢力タリバンが全土を支配下に収め、首都カブールに進攻したことでアフガン政府が事実上の降伏を宣言するなど、現地の状況が切迫しているとの判断に基づくものとみられる。

 タリバンのカブール制圧で現地の住民はパニック状態に陥り、国際空港には国外に脱出しようとする人々が殺到するなど混乱が広がっている。

 米国や英国、ドイツなど現地の各国大使館も退避を急いでいる。

 AP通信などの海外メディアによると、米国大使館は15日に本格的に退避を開始し、バイデン米大統領はこれを支援するために米軍5000人の配置を承認した。

 英国政府も大使を16日夜までに退避させると報じられた。

 ドイツのマース外相は、現地の大使館の職員と外交官の退避を計画していると明らかにした。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。