Go to Contents Go to Navigation

サムスンディスプレー 低消費電力の有機ELパネル技術開発

IT・科学 2021.08.16 13:54

【ソウル聯合ニュース】韓国のパネル大手サムスンディスプレーが16日、有機ELディスプレー用に外光反射を防ぐ積層構造のパネル技術を開発したと発表した。ディスプレー主要部材の偏光板を代替することで、光の透過率を33%高める一方、消費電力は最大25%削減することができる。

サムスンディスプレーが開発した低消費電力の有機ELパネルの構造(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 不透明なプラスチック製の偏光板は、パネルに入射した外光が内部で反射するのを防いで有機ELディスプレーを見やすくする半面、光が吸収されて輝度が50%以上低下するというデメリットがあった。これに対しサムスンディスプレーは、偏光板の機能を持たせながら発光効率を高める技術の開発に成功した。

 業界初の技術であり、韓国や米国、日本など7カ国で商標出願を終えたという。同社は、有機ELディスプレーの低消費電力化だけでなく、プラスチック部品の使用も減らす環境にやさしい技術だと説明した。

 この技術は最初に、サムスン電子がこのほど公開したスマートフォン(スマホ)新製品「ギャラクシーZフォールド3」の折り畳み式ディスプレーに採用された。

mgk1202@yna.co.kr

最新ニュース IT・科学
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。