Go to Contents Go to Navigation

抗体保有率0.33% 集団免疫へワクチンの接種急務=韓国

記事一覧 2021.08.16 17:07

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は16日、今年5月11日から7月16日まで全国の1200人を対象に新型コロナウイルスの抗体の有無を調べた結果、0.33%に当たる4人から抗体が検出されたと発表した。

ソウル市内の新型コロナウイルス検査所で順番を待つ市民=16日、ソウル(聯合ニュース)

 1月20日から4月30日まで2248人を対象に行われた1回目の調査では、0.27%に当たる6人から抗体が検出され、今回はこれより0.06ポイント上昇した。

 また6月14日から28日までの2週間に軍に入隊する男性3473人を対象に行った調査では、0.52%に当たる18人から抗体が検出された。5月の調査で確認された0.25%(3239人中8人)から0.27ポイント上昇した。

 中央防疫対策本部によると、専門家らは国内の抗体保有率が低いため、ワクチン接種を積極的に推進して集団免疫の獲得を目指しつつ、防疫規則を徹底的に守っていく必要があると指摘したという。

 中央防疫対策本部は感染者の多い地域の住民1万5000人を対象に、抗体の有無を調べる調査を追加で実施する計画だ。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。