Go to Contents Go to Navigation

キャンプ用品の輸出入が過去最大 コロナで需要増=韓国

記事一覧 2021.08.17 09:24

【世宗聯合ニュース】韓国貿易統計振興院が17日公表した統計によると、2020年に韓国のキャンプ用品の輸出入総額は3億9900万ドル(約436億円)と前年比40%増加し、過去最高を記録した。今年の輸出入額も6月までで2億9300万ドルに上っており、通年では最高記録を更新する見通しだ。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で国内外のキャンプ関連市場が成長し、キャンプ用品の輸出入も大きく伸びている。

キャンプ用品が並ぶ売り場(資料写真)=(聯合ニュース)

 今年上半期(1~6月)のキャンプ用品の輸出額は1億200万ドルで前年同期比84.7%増加した。調理器具やテントなどの輸出額が多く、輸出先は米国、日本が中心。

 同期の輸入額は1億9100万ドルで前年同期のほぼ2倍だった。テント、キャンピングカー、調理器具の順に多い。中国やベトナム、米国などから輸入した。 

 貿易統計振興院は「コロナの長期化で海外旅行ができず、(国内での)アウトドア活動が増えている。その代表格のキャンプが国内旅行のトレンドとして定着しつつある」と説明した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。