Go to Contents Go to Navigation

現代自動車Gの鄭夢九名誉会長 子会社から退職金28億円

記事一覧 2021.08.17 17:46

【ソウル聯合ニュース】韓国現代自動車グループの経営から手を引き、実質的な支配者である「総帥」の座を息子の鄭義宣(チョン・ウィソン)会長に譲った鄭夢九(チョン・モング)名誉会長にグループ傘下の自動車部品メーカー、現代モービスから退職金302億ウォン(約28億円)が支払われたことが17日、分かった。

鄭夢九氏(現代自動車グループ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 現代モービスが同日までに公開した上半期の報告書によると、同社から鄭夢九氏に退職金約298億ウォンや給与(約4億ウォン)など計302億3400万ウォンが支払われた。

 鄭夢九氏は昨年10月にグループ会長職を鄭義宣氏に譲り、名誉会長となった。今年に入ってからは現代モービスの登記簿上の取締役からも退き、グループの経営から完全に手を引いた。

 一方、鄭義宣氏が上半期に現代モービスから受け取った給与は12億5000万ウォンだった。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。