Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 社員数11万人突破で過去最多に

記事一覧 2021.08.17 20:11

【ソウル聯合ニュース】韓国・サムスン電子の社員数が6月末時点で11万人を超えて過去最多を記録し、研究開発(R&D)費も上半期(1~6月)としては過去最大だったことが分かった。

サムスン電子の社員数が11万人を超えた(資料写真)=(聯合ニュース)

 サムスン電子が17日に公開した半期報告書によると、同社の6月末時点での社員数は計11万1683人で、前年の同じ時期より5609人増えた。

 上半期の研究開発費は過去最大規模の10兆9941億ウォン(約1兆225億円)が投じられた。半導体やスマートフォン(スマホ)を中心に昨年の上半期(10兆5800億ウォン)より4000億ウォン以上増えた。

 ただ、今年の売上高が前年より増加した影響で、売上高に占める研究開発費の割合は8.5%となり昨年(9.0%)より下がった。

 上半期の売上高は過去最高の129兆601億ウォンを記録した。半導体・ディスプレー事業を統括するデバイスソリューション(DS)部門が55兆2799億ウォンで全体の42.8%を占め、スマホ事業を担うIT・モバイル(IM)部門は51兆8800億ウォンで40.2%、テレビと生活家電を扱う消費者家電(CE)部門は26兆3832億ウォンで20.4%だった。

 設備投資額は昨年の上半期(17兆1000億ウォン)より6兆ウォン以上増えた23兆3060億ウォンが投じられた。半導体の製造設備に20兆9338億ウォン、ディスプレー事業に1兆3763億ウォン。

 上半期の業績が好調だったことから役員報酬が上がったものの、今月13日に仮釈放された李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は役員報酬を受け取っていない。

 DS部門長の金奇南(キム・ギナム)副会長は上半期に34億9300万ウォンの報酬を受け取り、同社で最高額となった。給与8億8000万ウォン、賞与25億8100万ウォン、その他が3200万ウォンだった。昨年の上半期(9億9900万ウォン)に比べ約25億ウォン増えた。

 CE部門長のキム・ヒョンソク社長は23億2300万ウォン、IM部門長の高東真(コ・ドンジン)社長は27億5800万ウォンだった。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。