Go to Contents Go to Navigation

韓国主要企業が上半期に好業績 営業益は前年同期の2倍超

記事一覧 2021.08.18 10:27

【ソウル聯合ニュース】韓国の主要企業255社が上半期に総額105兆1318億ウォン(約9兆7800億円)の営業利益を記録した。前年同期(51兆6145億ウォン)の2倍以上で、新型コロナウイルス感染症の発生前だった2019年同期比でも約65%増加した。売上高も総額1127兆4212億ウォンで、前年同期比10.4%増加した。企業情報サイトのCEOスコアと聯合ニュースが18日、主要500社のうち半期報告書を提出済みの255社に対する分析結果を発表した。

韓国を代表する企業、サムスン電子の社屋(資料写真)=(聯合ニュース)

 IT・電気電子や自動車、石油化学などの業種が善戦した。

 売上高の増加額はIT・電気電子が40兆2500億ウォン(21.7%)で最も大きかった。新型コロナを受けた非対面サービスの拡大、巣ごもり需要、ペントアップ効果(抑制されていた需要の回復)などが好材料となった。次いで、自動車・自動車部品が28兆7749億ウォン(26.3%)、石油化学が27兆9435億ウォン(23.5%)、鉄鋼が12兆1380億ウォン(24.2%)の順。

 一方で、証券や銀行、造船・機械・設備などの業種は売上高が大幅に減少した。

 営業利益では石油化学の改善が目を引く。昨年上半期は赤字だったが、今年上半期は15兆9629億ウォンの黒字に転換した。

 IT・電気電子の営業利益は前年同期比13兆1206億ウォン(68.5%)増えた。自動車・自動車部品の増加額は5兆5859億ウォン(222.1%)、鉄鋼が4兆5511億ウォン(284.9%)。造船・機械・設備と公企業、エネルギー、サービスは減益となった。

 企業別にみると、サムスン電子が売上高を20兆7688億ウォン(19.2%)、営業利益を7兆3560億ウォン(50.4%)、それぞれ増やし、ともに他社を大きく引き離す増加額を記録した。

 次いで、売上高の増加額は現代自動車、起亜、LG化学、LG電子の順で大きかった。営業利益はポスコ、LG化学、Sオイル、HMMの順だった。

 CEOスコアは「多くの業種が新型コロナの打撃から脱し、緩やかな回復局面に移った」との見方を示した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。