Go to Contents Go to Navigation

[韓流]元JYJユチョン 所属事務所とトラブルに

記事一覧 2021.08.18 14:32

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループJYJの元メンバーで、過去に覚せい剤使用で有罪判決を受けたパク・ユチョンが、再起を賭けて新たに契約した所属事務所とトラブルになっていることが18日、分かった。

パク・ユチョン(資料写真)=(聯合ニュース)

 昨年1月にパク・ユチョンと専属契約を結んだ所属事務所はこの日、報道資料を出し「専属契約違反による損害はもちろん、人間的な裏切りで深刻な喪失感に見舞われている」との立場を示した。

 この事務所は、JYJの活動当時からのマネジャーがパク・ユチョンの再起をサポートするために立ち上げたマネジメント会社だという。

 パク・ユチョンは覚せい剤を使用したとして麻薬類管理に関する法律違反の罪に問われ、2019年7月に執行猶予付き有罪判決を受けた後、昨年初めから海外でアルバムを発売したりコンサートを開いたりし、芸能活動を再開していた。

 事務所側は、パク・ユチョンが日本の会社と二重契約を結んだと聞いて法的対応を準備していたところ、事務所代表の横領疑惑や専属契約の解除が日本で報じられていることを知ったと説明した。 

 その上で、日本で報じられているパク・ユチョンの主張は明確な虚偽であり、事務所と代表の名誉を傷つけるものだと強調した。

 事務所側は「個人的な債務問題の解決までサポートしたにもかかわらず、パク・ユチョン氏は当時同居していた恋人に会社のクレジットカードを渡してブランドバッグを買わせた」とし、遊興施設(クラブなど)で無銭飲食した約1億ウォン(約940万円)を事務所が肩代わりしたとも主張した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。