Go to Contents Go to Navigation

韓国独自開発の弾道ミサイル迎撃システム 性能証明し量産本格化へ

記事一覧 2021.08.18 19:23

【ソウル聯合ニュース】韓国内の技術で開発された弾道ミサイル迎撃システム「天弓2」が本格的な量産体制に入る見通しだ。

弾道ミサイルを迎撃する天弓2(資料写真)=(聯合ニュース)

 国防技術品質院は18日、量産型「天弓2」の精度を認定するテストが先月21日と今月18日に行われ、弾道ミサイルと航空機を標的として2回とも命中したと説明した。

 今回のテストは研究開発段階で合格となった兵器が量産品でも同じ性能を発揮できるかを確認する手続き。 

 天弓2は、敵の弾道ミサイルと航空機による攻撃に同時対応するために開発された中距離・中高度の地対空迎撃ミサイルシステムで「韓国型パトリオット」とも呼ばれる。

 国防科学研究所の主管で2012年から開発が進められ、数多くの試験発射で100パーセントの命中率を記録した。17年に戦闘用として適しているとの判定を受けた。

 国防技術品質院のチャン・ボンギ誘導弾薬センター長は「今回の試験は最初の量産段階の品質を検証する点と韓国で初めて弾道ミサイルを迎撃できる国内技術の兵器が量産段階に入る点で意味が大きい」と話した。

 事業責任者である防衛事業庁のコ・ヒミョン多層防御誘導武器事業チーム長も「今回のテストを通じて天弓2が弾道ミサイルと航空機をすべて迎撃できる性能が完全に立証された」とし、「わが国が弾道ミサイル迎撃技術を持つ4大強国に飛躍する機会になり、優れた性能と技術競争力を備えた一流の誘導兵器は輸出の見通しも明るい」と評価した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。