Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮核問題担当する米高官が来韓 対話再開模索へ=「緊密な協議期待」

記事一覧 2021.08.21 09:56

【ソウル聯合ニュース】米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表が21日、北朝鮮との対話再開を模索するために来韓した。6月以来2カ月ぶりで、韓国で韓米合同軍事演習が実施されている中での来韓であるため注目される。

来韓した米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表=21日、仁川(聯合ニュース)

 キム氏は空港で「韓国政府の同僚と非常に緊密な協議をすることを期待する」と述べた。

 24日まで韓国に滞在する予定で、外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長や北朝鮮核問題を巡る交渉でロシア側の代表を務めるモルグロフ外務次官と協議する。モルグロフ氏は21~26日の日程で来韓する。

 韓米は16日から26日までの日程で、コンピューターシミュレーション中心の合同指揮所演習を実施している。

 北朝鮮はこれに反発しており、韓米ロは朝鮮半島の状況を安定的に維持管理するための方策について集中的に協議するものとみられる。

 また、北朝鮮との対話再開に向け、新型コロナウイルスワクチンや食料などの支援や、水害からの復興など人道支援について具体的な話し合いを行うかどうかにも注目が集まる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。