Go to Contents Go to Navigation

台風12号 政府が危機警報を「警戒」に引き上げ=韓国

記事一覧 2021.08.23 11:50

【ソウル聯合ニュース】韓国行政安全部の中央災難(災害)安全対策本部は23日、台風12号の防災対策を点検する会議を開き、午前11時をもって台風危機警報をそれまでの「注意」から「警戒」に、中央災難安全対策本部の非常勤務体制を第1段階から第2段階にそれぞれ引き上げることを決めた。

23日午前7時50分現在の台風12号の衛星画像(国家気象衛星センター提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 台風危機警報は全4段階で、「警戒」は上から2番目に高い。「注意」から1レベル引き上げられた。また、中央災難安全対策本部は3レベルに分かれている非常勤務体制も強化した。

 気象庁によると、台風12号は沖縄近くの海上を北に進んでいる。今晩、韓国南部・済州島の南西の海上を通過し、24日午前0時ごろに南海岸に上陸する見通しだ。その後、温帯低気圧に変わると予想される。 

 中央災難安全対策本部は関係機関による会議で、台風の予想進路を踏まえ、重点的な対策などを確認した。特に土砂崩れが起きる恐れがある場所や山間部、渓谷、海沿い、低い土地など、人命被害が懸念される場所には早めに立ち入りを規制したり避難を呼び掛けたりするよう指示した。強風に備えて船舶や工事現場などの管理の徹底も働きかける。 

 また、新型コロナウイルスのワクチン接種と検査に支障を来さないよう、各会場で停電や強風への備えを急ぐ。

台風12号の予想進路(23日午前9時現在)=(聯合ニュース)
政府の対策会議の様子=23日、ソウル(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。