Go to Contents Go to Navigation

韓国国家安保室長 「協力したアフガン現地人の国内退避検討」

記事一覧 2021.08.23 19:31

【ソウル聯合ニュース】韓国の徐薫(ソ・フン)国家安保室長は23日の国会運営委員会で、フガニスタンで韓国に協力してきた現地人を韓国内に退避させる問題について検討していると明らかにした。

国会運営委員会の全体会議で業務報告を行う徐薫国家安保室長=(聯合ニュース)

 徐氏はアフガニスタンで韓国に協力してきた現地人の問題を至急検討する必要があるとし、「短くて1年、長いと7~8年にわたり韓国の公館や病院などで勤務していた人たちが、タリバンが権力を掌握したことで身の危険を感じている」と説明した。

 また「われわれとしては、その人たちに安全な避難所を提供する国家的な問題意識と責務を持っている」とし、「そのような人たちを国内に移送する問題を含め、対策を講じている」と述べた。

 徐氏は「現在、国内に滞在しているアフガニスタン人は400人余りと承知している」とし、「このうち、滞在許可が延長されない人たちが問題になる。人道的な立場で、法的措置が可能なのかを法務部が検討する」との方針を示した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。