Go to Contents Go to Navigation

デルタ株感染1週間で3033人 変異株感染者の99%=韓国

記事一覧 2021.08.24 16:06

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルス流行の「第4波」が続く韓国で、感染力の強いインド由来の変異株、デルタ株が猛威を振るっている。

デルタ株が猛威を振るっている(イラスト)=(聯合ニュース)

 中央防疫対策本部によると、直近1週間(8月15~21日)に国内で確認された主な変異株4種類(アルファ、ベータ、ガンマ、デルタ)の感染者は3062人で、このうちデルタ株の感染が99.1%に当たる3033人だった。このほかの29人は英国で見つかったアルファ株の感染者だった。

 国内における主な変異株4種類の感染者は、昨年12月以降で累計1万6842人となっている。種類別ではデルタ株が1万3454人、アルファ株が3217人、南アフリカで最初に報告されたベータ株が149人、ブラジル由来のガンマ株が22人だった。これは遺伝子分析により変異株への感染が判明したケースのみを集計したもので、感染者と疫学的関連性のあるケースも含めると実際の変異株の感染者数はさらに多くなるとみられる。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。