Go to Contents Go to Navigation

韓国統一相「朝鮮半島情勢の安定的管理必要」 米高官「北へ敵対意図ない」

記事一覧 2021.08.24 18:10

【ソウル聯合ニュース】韓国の李仁栄(イ・イニョン)統一部長官は24日午前、来韓した米国務省のソン・キム北朝鮮担当特別代表と会談し、「朝鮮半島情勢の安定的な管理が必要だ」と強調し、「韓米の対北関与努力が成果を上げることを望む」と述べた。

握手を交わす李氏(右)とキム氏(統一部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 キム氏は「北朝鮮に対する敵対意図はない」との立場を改めて示し、「人道協力を含む外交と関与を通じ、朝鮮半島問題の解決のための韓米両国の緊密な連携が必要だ」と強調した。

 両氏は南北・米朝関係の発展に向け、意思疎通と協力を継続することで一致した。

 キム氏は21🅗日に韓国入り。この日の午後に出国した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。