Go to Contents Go to Navigation

アフガン現地スタッフら380人 26日に韓国到着=中部の施設に収容へ

記事一覧 2021.08.25 14:39

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は25日、イスラム主義組織タリバンが実権を握ったアフガニスタンで韓国政府に協力していた現地スタッフとその家族約380人が、26日に仁川国際空港に到着する予定だと発表した。約100人の子どもも含まれているという。外交部の崔鍾文(チェ・ジョンムン)第2次官がオンライン会見で明らかにした。

会見を行う崔氏=25日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国政府が人道的理由で紛争地域の多数の外国人を国内に移送するのは今回が初めて。

 崔氏は移送する現地スタッフらについて、「数年間、在アフガニスタン韓国大使館、韓国国際協力団(KOICA)、(首都カブール郊外にある)バグラムの韓国病院、バグラムの韓国職業訓練院、チャリカの韓国地方復興チームで勤務した」として、「難民ではなく特別功労者」と強調した。

 現地スタッフらは現在、カブール国際空港に進入しており、韓国軍の輸送機に乗って現地を離れる予定だ。韓国政府は23日、軍の輸送機3機をアフガニスタンと近隣国に派遣した。

 韓国政府は2001年、テロとの戦いでアフガニスタンに侵攻した米国の要請を受け、非戦闘部隊を派遣した。軍部隊は07年12月に撤収したが、政府は国際社会とともにアフガニスタン再建を支援し、多数の現地人を雇用してきた。特に2010年から14年まで地方復興チームを送り、多くの現地人と協力して病院や職業訓練施設を運営した。

 現地スタッフらは韓国政府に協力したという理由でタリバンの報復の対象にされ、韓国政府に救助を要請していた。

 崔氏は現地スタッフらを受け入れる背景について、「韓国に協力した人たちに対する道義的な責任、国際社会の一員としての責任、人権先進国としての国際的な地位、他国も同じ立場に直面したアフガン人を大規模に国内に移送したことなどを勘案した」と述べた。

 現地スタッフらは韓国入国後、中部・忠清北道鎮川にある国家公務員人材開発院に滞在する予定だ。同施設での滞在期間は約6週間という。

 韓国政府は友好国との情報共有などを通じて対象者の身元を確認し、韓国に滞在する期間にも人権を侵害しない範囲内で改めて身元を確認する方針だ。

 現地スタッフらには短期ビザを発給した後、長期滞在ビザに変更する。外交部高官は「永住権のようなものも検討している」と述べた。

 ただ、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、文化的にも異質感があるアフガニスタン人が入国することに反対する声が上がる可能性もある。受け入れ先の鎮川の宋起燮(ソン・ギソプ)郡守(首長)は「コロナ拡大や革新都市としてのイメージダウン、地域経済の停滞などを懸念する声が大きい」と述べた。

 一方、韓国政府が国内に移送する現地スタッフらの人数は約420人を想定していたが、一部はタリバンの妨害工作などでカブール空港に到着できなかったとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。