Go to Contents Go to Navigation

韓国政府が遺憾の意「協議なく一方的」=東電の汚染水放出計画

記事一覧 2021.08.25 18:26

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は25日、日本の東京電力福島第1原子力発電所の処理済み汚染水の海洋放出に対応する関連官庁による次官会議開いた。会議を主宰した国務調整室の具潤哲(ク・ユンチョル)室長は日本が同原発の沖合約1キロメートルの海洋に放出する方針を固めたことに強い遺憾の意を表明した。

会議を主宰した国務調整室の具潤哲室長(右から2人目)=25日、ソウル(聯合ニュース)

 具氏は「最も近い隣国のわが政府と事前協議をすることなく、了承も得ず、一方的に(海洋放出が)推進されていることに改めて深い遺憾の意を表明する」と述べた。

 また「日本は海洋環境や国民の安全を脅かし、太平洋沿岸国など国際社会が懸念している一方的な汚染水の放出推進を直ちに中断し、隣国と十分な協議と意思疎通を先に行うことが責任ある国際社会の一員としての望ましい姿勢」と強調した。

 今後の方針については、「政府は国民の安全を最優先にすることを原則とし、今後も必要なすべての措置を国際社会と共に取っていく」と表明した。

 韓国政府は東京電力が発表した海洋放出の計画を分析し、対応する方針だ。 

 日本メディアによると、計画通りに進めば、海洋放出は2023年の春に始まる見通しという。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。