Go to Contents Go to Navigation

韓国が2年9カ月ぶり利上げ 年0.75%に

記事一覧 2021.08.26 11:09

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は26日に定例の金融通貨委員会を開き、政策金利を年0.5%から0.75%に引き上げた。利上げは2018年11月以来、2年9カ月ぶり。韓銀は昨年3月、新型コロナウイルスの感染拡大により景気減速が予想されるとして政策金利を年1.25%から過去最低の0.75%に引き下げ、同5月にはさらに0.25%利下げした。その後は据え置きが続いていたが、利上げに踏み切った。景気を底支えするため韓銀が1年半にわたり主導してきた「超低金利時代」が終焉(しゅうえん)を迎えたことになる。

韓国銀行が政策金利を年0.5%から0.75%に引き上げた(コラージュ)=(聯合ニュース)

 韓銀が超低金利政策を転換した背景には、市中への資金供給が増えた副作用で個人向け融資が増加したり、資産価格が上昇したりといった「金融不均衡」が深刻化している上、インフレ懸念も強まっていることがある。

 韓銀の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁も今年5月以降、こうした理由を挙げて利上げ議論の必要性をたびたび強調。6月にはさらに踏み込み、年内の利上げを予告していた。

 金融引き締めに動いても問題ないほどに景気がはっきりとした回復傾向を見せているという韓銀の判断も、利上げを決めた一因となった。

 7月初めから2カ月近くにわたり新型コロナ流行の「第4波」が続き、厳しい感染防止策が取られているが、輸出とオンライン消費の好調、支援金給付など政府の財政支出が対面サービスの縮小を相殺するとの分析が優勢だ。ソウル大のキム・ソヨン教授(経済学)は「コロナ第4波の影響は学習効果などで以前より小さく、打撃を受ける対面サービスが国内総生産(GDP)に占める割合もさほど大きくない」と説明する。

 韓銀はこの日、2021年の実質GDP成長率見通しを4.0%で据え置いた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。