Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 韓米軍事演習最終日も韓国の連絡に応じず

記事一覧 2021.08.26 13:29

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国による合同軍事演習の開始後、先月に復旧させた南北通信連絡線を再び遮断した北朝鮮は、演習が終了する26日にも韓国からの定時連絡に応じなかった。

南北共同連絡事務所=(聯合ニュースTV)

 韓国統一部の当局者は同日午前、記者団に対して「今朝も南北共同連絡事務所を通じて定時通話を試みたが、北は応答しなかった」と述べた。

 東海、黄海地区の軍通信線を使った午前の定時連絡も行われなかった。

 北朝鮮が連絡事務所と軍通信線を再び遮断してから、この日で16日目となる。

 北朝鮮は先月27日、13カ月ぶりに南北通信連絡線を復旧させ、2週間は連絡事務所と軍通信線で午前・午後に韓国と定時連絡を行ったが、韓米合同軍事演習の事前演習が始まった今月10日午後から通話に応じなくなった。

 一部では北朝鮮が軍事演習に反発し、演習期間のみ通信線を遮断した可能性もあるとの見方が出ている。

 北朝鮮は2009年3月にも韓米合同指揮所演習「キー・リゾルブ」が行われた際に軍通信線を遮断し、開城工業団地につながる京義線道路も通行止めとしたが、演習が終了した翌日に軍通信線と道路の通行を正常化した。

 統一部の当局者は「演習終了後、北の態度や反応について予断をもって述べるのは適切でない」とし、「われわれとしては、北が電話を取らない状況でも定時通話の試みを続ける」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。